Mugichoko's blog

Mugichoko’s blog

プログラミングを中心としたメモ書き.

ModernGL奮闘記 (6) - プレビューパッケージ -

今現在のModernGLの最新バージョンは5.6.4なのだが,次期アップデート (5.7.0) から含まれている機能が必要になった.そこでプレビュー版の5.7.0をインストールしてみることにした.

公式ドキュメントはデフォルトで最新版の情報

そもそもややこしいのが,検索して引っかかる公式ドキュメントは最新版 (latest) となっており,今現在だと5.7.0のことを指している様子.

f:id:Mugichoko:20211116083517p:plain
ブラウザのタブに5.7.0と書いてあるのが見える

バージョンを変えて古いドキュメントにもアクセスできるので,例えば,現在リリースされている5.6.4やそれより前の情報も読むことができる.

f:id:Mugichoko:20211116083749p:plain
画面左下にあるv: latestをクリックすると他のバージョンの情報にもアクセス可能

TextureCube.bind_to_image()がない!

TextureCubeのドキュメントを確認すると,5.7.0にならないとTextureCube.bind_to_image()は実装されていない様子...

f:id:Mugichoko:20211116084539p:plain
CHANGELOG.mdを確認してみると,確かに5.6.4には未実装らしい...

プレビュー版のインストール

ということで,リリース前の5.7.0をインストールしてみることに.

  1. ModernGLのリポジトリをダウンロード&解凍
  2. Anaconda Promptで解凍したフォルダまで移動
  3. python setup.py build_ext --inplace
    • README.mdのBuildより
    • moderngl/mgl.cp39-win_amd64.pydと似たファイルがあればビルド成功
  4. modernglを自分のAnacondaのLib/site-packagesフォルダ内に丸々置く
    • 例えばC:/Users/Mugichoko/miniconda3/envs/moderngl-5.7-preview/Lib/site-packagesに置く(参考:このページの「OpenCV」
    • これでmoderngl-5.7-previewという環境内でModernGL 5.7.0が使える
    • 尚,conda install -c conda-forge moderngl-windowの様にModernGL-Windowをインストールすると,一緒にModernGLがインストールされるので,その後に自分のmodernglフォルダで上書きすればよい