Mugichoko's blog

Mugichoko’s blog

プログラミングを中心としたメモ書き.

Vcpkgを使ってOpenCVをインストールする

普段はソースコードからCMakeを使ってOpenCVライブラリをビルドするのですが,今まで使ったことがなかったVcpkgパッケージマネージャを使ってみようと思い実践しました.

github.com

Vcpkgとは

VcpkgはMicrosoftが提供するC++用ライブラリのパッケージマネージャです.これを用いる主な利点としては,普通,手動で設定するライブラリへのリンクを自動で行ってくれるというところ.バイバイCMake!!

つまり,VcpkgでOpenCVをインストールしたとすると,あとは,#include <opencv2/opencv.hpp>とコード内で書くだけで,勝手にリンクの設定をしてくれる.

Vcpkgをインストールするには,GitHubのVcpkgリポジトリから自分のPCのOSに合ったものをダウンロードし,任意のフォルダに解凍しておくだけ.

手順

  1. コマンドプロンプトを起動
  2. 上記のように展開した,vcpkg.exeのあるフォルダへ移動
    • 例:C:/vcpkg-2019.11
  3. vcpkg install opencv4[cuda,world,openmp]:x64-windowsを実行
    • [ ]内はオプションなのでなくてもよい
    • デフォルトでは,最新のVisual Studio用のライブラリがビルドされる
    • 今回,4時間弱かかりました...
  4. vcpkg integrate install

単純ですが,以上です.Visual Studioを開きC++コード内に#include <opencv2/opencv.hpp>と書くだけで,OpenCVが使えました!