Mugichoko's blog

Mugichoko’s blog

プログラミングを中心としたメモ書き.

オーストリア在留許可申請(国内準備編)

概要

オーストリア国内に暮らし始めて1週間.少し落ち着いたので,在留許可申請について書く.

オーストリア国内に6ヶ月以上滞在するためには,ビザD取得(下記の記事参照)後,オーストリア国内で在留許可申請を行う必要がある.

mugichoko.hatenablog.com

必要書類はオーストリア大使館の情報参照.この内,国内で取得できるものは準備しておきたいので,準備した.その体験談(苦労話)である.

国内で取得可能な書類

  • 申請書
  • 戸籍謄本
  • 無犯罪証明

申請書

該当する書類の選択

私の状況は,上記の記事の通り,過去の記事に書いた通りなので,申請書は,オーストリア大使館のページから「For Researchers (研究者)」に張られているリンクの先のページ内の「Aufenthaltsbewilligung Sonderfälle unselbstständiger Erwerbstätiger (und deren Familienangehörige)」だと思われる.

便利情報

独語が分からない我々のために,どのように項目を埋めればよいのかという英語の資料があるが,独語のものをGoogle Translateを用いて英語に翻訳したほうが分かりやすかった

translate.google.com

ただ,オーストリア国内でこれから申請することなので,現状,記入したもので問題がないか,と言えば不明である...

戸籍謄本に関する手続き

  1. 本籍地から取り寄せ
  2. 外務省もしくは外務省分室に赴いてアポスティーユを取得
    • 申請後,翌日に受け取れる
  3. 翻訳を依頼
  4. 翻訳済みの戸籍謄本をオーストリア大使館に提出し認証を受け取り
    • オーストリア大使がいたため,その場で受け取れた
    • 通常,2,3日かかるらしい

※ステップ1さえ終われば,全体として2週間弱くらいで終わった.

無犯罪証明に関する手続き

  1. 現住所の警察署に赴いて取得
    • 都道府県によって手続きが異なるので,要事前確認!
    • 数日としない内に入手できた
  2. 外務省もしくは外務省分室に赴いて,アポスティーユを取得
    • 戸籍謄本のステップ2を参照のこと
    • 尚,無犯罪証明書に関しては翻訳&オーストリア大使館の認証が不要

※全体を通して1週間以内に終わった.

外務省及び外務省分室の所在地

外務省及び各分室の所在地は,こちらに書かれている.

感想

私が仕事をしている時間に,奥さんが手続きを進めてくれた.一人で全てをこなす場合,手続きを行う役所が開いている時間から考えて,なかなかの困難が伴うと思われる.なので,ビザDの取得と同時に行うことをお勧めする.

さて,次のステップは,オーストリア国内での実際の在留許可申請だ!