Mugichoko's blog

Mugichoko’s blog

プログラミングを中心としたメモ書き.

オーストリア留学に際してのビザ申請

訪問研究員 (Visiting/Guest Researcher) として,オーストリア (Austria) のグラーツ (Graz) に1年間の留学が決まった.6カ月以上の滞在になるのでビザ申請が必要だ.オーストリア留学がマイナーなのか,研究員としての留学がマイナーなのかは不明だが,特段のまとまった情報が見つからなかったのでここにまとめる.

私の基本情報(状況)

  • 居住地:関東
  • 国内での立場:日本学術振興会特別研究員PD
    • 研究期間の半分まで(つまり,1.5年まで)の海外留学が許されている
  • 留学先:TUGraz
    • 留学先の教授に直接話しかけたところ,私の研究に興味を持って下さり,留学したい旨を伝え,了承頂いた
  • 留学期間:2017年8月~2018年7月の1年間(予定)
  • 留学先での立場:訪問研究員 (Visiting/Guest Researcher)
  • 備考:妻(無職)を留学先に連れて行く

ビザD取得(私の場合)

必要なビザの種類

上記のような状況の私は,日本国内でビザD取得(6カ月以内の滞在)の後,オーストリア国内で在留許可申請(6カ月以上の滞在)が必要らしい.こういった情報を入手した経緯や具体的な方法をまとめた.

必要な書類

まず,必要な書類だが,オーストリア大使館のWebサイトにある「必要提出書類(添付書類)」を参照のこと.

ビザDを取得した後の感想だが,結構色々な理由で突っ返され,何度も大使館を訪問することになる.どういうところで引っかかるかは,必要書類と以下のビザD取得までの流れとを照らし合わせて確認されることをお勧めしたい.

取得までの流れ

どうやら大阪と名古屋での申請に関してはビザ申請専用のWebサイトがあるようだが,なぜか東京版は存在しない. そこで,基本的な情報はオーストリア大使館 ビザインフォメーションで得る.しかし,抜けがあるようなので,私の体験をケーススタディとして以下にまとめる.

  1. オーストリア大使館 ビザインフォメーションを確認
  2. 問い合わせフォームで私の基本情報(上記)を伝え,必要なビザや申請手続きの詳細を問い合わせ
    • ビザDが必要だということが判明.「詳細はWebサイト(上記)をご確認下さい.」とのこと
    • 正直,大使館のWebサイトが分かりにくかったので,聞けば分かる精神で問い合わせたという経緯だったため,結局,在京オーストリア大使館を直接訪問することに(地図
  3. オーストリア大使館を訪問(1回目)
    • 留学先からのInvitation Letter留学先での居住証明書が必要ということ,6カ月以上の滞在には,オーストリア国内での在留許可申請が必要であることが分かった
  4. 大使館で必要と言われた書類を方々から取得
    • TUGrazのWelcome Centerに問い合わせて,滞在先証明書(サイン or スタンプ付)を取得
    • 留学先の教授に問い合わせて,Invitation Letter(サイン or スタンプ付)を取得
  5. 4の書類を在京オーストリア大使館にメールで送付し,書類に不備がないか確認を依頼
    • 「メールでの確認は行っていない.」と断られ,直接,大使館を訪問することに
  6. オーストリア大使館を訪問(2回目)するも,下記の理由で突き返される
    • 申請書の不備(これはその場で指摘を受けながら直した)
    • 雇用証明(英語可)がない(前回はInvitation Letterだけでいいと言っていたのに…)
    • 「充分な資金の証明、通帳(6ヶ月分の残高証明)」の不備
      • 新規に通帳を作ったので,過去数カ月分しかなく「6ヶ月分の残高証明」という要件に引っかかる
      • 前回は,記された金額が十分だと思われる場合はそれでよい,と言っていたのに…
  7. 学振に雇用証明に相当する書類(採用証明書様式10を提出)を取り寄せる
  8. オーストリア大使館を訪問(3回目)し,前回に不備のあった書類を提出
    • 過去の通帳を用意して,コピーと共に持って行ったが「最近の入出金の記録がない」という不備を指摘される(前回はその突っ込みなかったんですけど…)
    • 隣で「再三,電話で写真の規格について確認して,その時に言われた通りのものを持ってきたのに,ここに来てまた別のことを言うじゃないですか!」と怒っておられるのを「そうだそうだ!」と心の中で思う我々夫婦
  9. 通帳の不備だけだったので,後日,大使館に郵送
  10. 数日後にビザ取得
    • 妻が取りに行ってくれたので,私は委任状を書いた
    • 委任状の書き方は外務省のものを参考にした

在京オーストリア大使館の場所

時間的感覚

仕事などの都合もあったが,ビザDの申請から取得までおおよそ2カ月強かかった.

  • メールでの最初の問い合わせ(2月4日)
  • 第1回訪問(4月26日)← 申請開始
  • 第2回訪問(6月21日)
  • 第3回訪問(7月5日)
  • ビザ取得(7月11日)

オーストリア大使館のスタンス

感想に近いが,事前に把握しておくとイライラも少ない.

  • 申請作業のための訪問は要予約
  • 電話でよく応対してくれる
    • ただし,窓口での説明と結構異なる
  • 「基本的にWebページを確認してくれ.そこに書いてある.」と言われる
  • 情報は小出し(これが一番困る)
  • 基本的にビザ申請に関してのみ扱っている.
    • 在留許可申請に関しては現地が判断する,とのこと
    • 大使館から下手なことは言えない,そりゃそうか