Mugichoko's blog

Mugichoko’s blog

プログラミングを中心としたメモ書き.

はじめてのPCL

目標

とりあえずVisual StudioでPCLを扱えるようになる.

実装環境

PCLのダウンロード

  1. ここからインストーラをダウンロード
  2. ウィザードの指示に従って「次へ」
  3. OpenNI2のインストールを促されるので,インストール
  4. 以下のパスにインストールされたことを確認
    • PCL 1.8.0: C:\Program Files\PCL 1.8.0
    • OpenNI 2.2: C:\Program Files\OpenNI2

Visual Studioのプロジェクト作成

  1. Visual Studioを開いて「新しいプロジェクト」を作成
  2. 「インクルードディレクトリ」に以下を追加
    • C:\Program Files\PCL 1.8.0\include\pcl-1.8
    • C:\Program Files\PCL 1.8.0\3rdParty\Boost\include\boost-1_61
    • C:\Program Files\PCL 1.8.0\3rdParty\Eigen\eigen3
    • C:\Program Files\PCL 1.8.0\3rdParty\FLANN\include
    • C:\Program Files\OpenNI2\Include
    • C:\Program Files\PCL 1.8.0\3rdParty\Qhull\include
    • C:\Program Files\PCL 1.8.0\3rdParty\VTK\include\vtk-7.0
  3. 「ライブラリディレクトリ」に以下を追加
    • C:\Program Files\PCL 1.8.0\lib
    • C:\Program Files\PCL 1.8.0\3rdParty\Boost\lib
    • C:\Program Files\PCL 1.8.0\3rdParty\FLANN\lib
    • C:\Program Files\OpenNI2\Lib
    • C:\Program Files\PCL 1.8.0\3rdParty\Qhull\lib
    • C:\Program Files\PCL 1.8.0\3rdParty\VTK\lib
  4. 「追加の依存ファイル」に以下を追加(※ Releaseモードでは「debug」を「release」に変更)
  5. C4996を無視
    • プリプロセッサ」に「_SCL_SECURE_NO_WARNINGS」を追加(Boost内のC4996のエラーを無視するため)
    • 「指定の警告を無効にする」に「4996」を追加(C4996のエラーを無視するため)

サンプルプログラムの実行

  1. ここにあるサンプルプログラムを.cppファイルにコピペ
  2. コマンド引数に「-s」を追加
    • 「-h」でその他のヘルプが見られる
  3. 実行

結果

動いた!目標達成です.

f:id:Mugichoko:20170426221336j:plain