Mugichoko's blog

Mugichoko’s blog

プログラミングを中心としたメモ書き.

MesonでVisual Studioのソリューションファイルを生成

MesonCMakeよりも簡単(使う人に優しい設計)とのことで便利そうですが,情報が少ない(特に日本語).下記の記事により詳しい情報が載っていますが,本記事は試しにMesonを使ってみた,程度の簡易版です.

続きを読む

Anacondaのセットアップ(CondaHTTPErrorに遭遇)

Anacondaに不具合が出てしまって,根本的な原因が解決できないので,いっそのことと思い再インストールすることにした.その際に遭遇した問題についての覚書です.尚,Windows 10を対象としています.

続きを読む

Vcpkgを使ってOpenCVをインストールする

普段はソースコードからCMakeを使ってOpenCVライブラリをビルドするのですが,今まで使ったことがなかったVcpkgパッケージマネージャを使ってみようと思い実践しました.

github.com

Vcpkgとは

VcpkgはMicrosoftが提供するC++用ライブラリのパッケージマネージャです.これを用いる主な利点としては,普通,手動で設定するライブラリへのリンクを自動で行ってくれるというところ.バイバイCMake!!

つまり,VcpkgでOpenCVをインストールしたとすると,あとは,#include <opencv2/opencv.hpp>とコード内で書くだけで,勝手にリンクの設定をしてくれる.

Vcpkgをインストールするには,GitHubのVcpkgリポジトリから自分のPCのOSに合ったものをダウンロードし,任意のフォルダに解凍しておくだけ.

手順

  1. コマンドプロンプトを起動
  2. 上記のように展開した,vcpkg.exeのあるフォルダへ移動
    • 例:C:/vcpkg-2019.11
  3. vcpkg install opencv4[cuda,world,openmp]:x64-windowsを実行
    • [ ]内はオプションなのでなくてもよい
    • デフォルトでは,最新のVisual Studio用のライブラリがビルドされる
    • 今回,4時間弱かかりました...
  4. vcpkg integrate install

単純ですが,以上です.Visual Studioを開きC++コード内に#include <opencv2/opencv.hpp>と書くだけで,OpenCVが使えました!

OpenCVをUnityで使う (Native Plug-ins)

UnityでOpenCVを使いたい.UnityのNative Plug-insを使って,C++OpenCVのDLL経由でOpenCVをUnityから呼び出す方法を取った.

続きを読む

JSONを使ってみる

プログラミングの際,パラメータをファイル入力にしておくことで,コードの変更なくパラメータ調整ができるというのは当たり前の話ですが,面倒だからと後回しにしてハードコーディングしてしまっている学生をたびたび見かけます.程度の差こそあれ,大体の理由は実装が面倒だから.

かく言う私も,Cross-Platform-Dense-SLAMの実装でもやっているようにstd::ifstreamを使って1行ずつ読んでいくようなことをやってしまっています.今回はこのあたりをきちんと実装している人からのお勧めに基づいて,JSON (JavaScript Object Notation)を使ってみることにしました.

  • JSON用ライブラリ
  • テスト用JSONファイルとC++コード
続きを読む

InfiniTAM v3を動かす (Windows 10 64-bit)

今更ながらInfiniTAM v3を動かしてみたい,と思い立ちビルド&実行してみた.自分の動作環境ではCUDA絡みで引っかかるところがあったので,そのことについて記しておくことにした.

続きを読む

Open3DのReconstruction Systemを動かす

Open3Dの公式ページに書かれているReconstruction Systemを動かすまでに,ページに書かれていない細かな作業がそれなりに必要だったのでメモ書き程度に書き留めておきます.尚,執筆中に0.5から0.6にアップデートされていました.ということで,テストしたのはv0.5です.また,今回の例ではPythonしか使いません.そして,手元にIntel RealSense SR300があるので,これをOpen3Dを介して使う方法も書いておきます.

続きを読む